コジマ ヒデオ
  小島 秀夫   法学部 法律学科   教授
■ 標題
  共謀概念の言語哲学的考察
■ 概要
  本稿は、共謀共同正犯における共謀概念を言語哲学的に考察したものである。共謀は、それ自体構成要件に該当する行為そのものとして認められうるものであり、拘束力を有するほどの相互主観的な承認が存在することで、正犯性を獲得する。共謀共同正犯をめぐる議論が錯綜する要因の1つとして「実行行為」の多義性を指摘し、その語用論的意味を整理した。
  単著   大東法学   30(1),1-29頁   2020/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.