コジマ ヒデオ
  小島 秀夫   法学部 法律学科   教授
■ 標題
  正犯者概念と幇助構成要件
■ 概要
  幇助の故意を認める際に要求される認識内容を導くには、故意規制機能を有する幇助構成要件の検討が必要不可欠である。そこで、幇助構成要件の意義を明らかにするため、正犯と共犯の構成モデル、すなわち正犯者概念について論究した。本稿では、制限的正犯者概念に依拠し、構成要件拡張事由としての意義を有する幇助構成要件から幇助行動規範と幇助故意の固有性を主張した。
  単著   法学研究論集   明治大学大学院   (29),129-145頁   2008/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.