English >> TOPページ   


  ニッサト コウイチ
  新里 孝一   国際関係学部 国際関係学科(アジア地域研究科 アジア地域研究)   教授
■ 現在の専門分野
  政治学, 批判的社会研究(ケア論) 
■ 主要学科目
政治学概論
■ 学歴
1. 1980/04~1984/03 大東文化大学 外国語学部卒業
2. 1984/04~1986/03 成蹊大学大学院 法学政治学研究科〔修士課程〕修了 法学修士
3. 1986/04~1989/03 成蹊大学大学院 法学政治学研究科〔博士課程〕単位取得後退学
■ 職歴
1. 1989/04~1995/03 栃木県立那須高等学校 教諭
2. 1995/04~2002/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 講師
3. 2002/04~2007/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 助教授
4. 2007/04~2013/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 准教授
5. 2013/04~ 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 教授
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2003/12~2004/11 東松山市・吉見町法定合併協議会・新市建設計画策定小委員会委員 委員
2. 2003/12~2004/11 東松山市・吉見町法定合併協議会委員 委員
3. 2004/07~2006/06 鳩山町行政改革推進委員会 委員
4. 2005/06/01~2005/06/30 東松山市基本構想審議会委員 委員
5. 2005/07/01~2007/06/30 東松山市基本構想審議会委員 委員
全件表示(14件)
■ 所属学会
1. 2002/05~ 日本唯物論研究協会
■ 社会における活動
1. 2002/04~2004/03 大東文化大学・板橋区地域デザインフォーラム
2. 2005/06~2009/03 鳩山町「環のまち『元気づくり』プロジェクト実行委員会」アドバイザー
3. 2009/04~ 日本ボーイスカウト東京連盟板橋9団・団委員長
4. 2012/01~2014/03 東松山市との地域連携協働研究(農業振興部会)
■ 資格・免許
1. 1984/03 中学校・高等学校教諭1種免許(英語)
■ 受賞学術賞
1. 1993/05 第19回東京市政調査会 藤田賞
■ 著書・論文等
1. 著書  地域資源活用商品加工総覧(2016年度版 追録代13号)第5巻  (共著)  2016/11
2. 著書  イスラーム諸国の民主化と民族問題(21世紀の民族と国家 第3巻)  (共著)  1998/03
3. 論文  〈依靠〉的伦理-关爱超高龄社会-  (単著)  2015/09
4. 論文  〈依靠〉的伦理-关爱超高龄社会-  (単著)  2015/06
5. 論文  有効な農業振興方策(東松山市・大東文化大学協働研究報告書ブックレット(No.1)  (共著)  2013/11
全件表示(46件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/06/28 〈依靠〉的伦理-关爱超高龄社会-(依存の倫理-超高齢社会におけるケアのために-)(2015南京国際生命倫理並老齢生命倫理シンポジウム)
2. 2013/11/07 台頭する中国とアジアの新秩序(国際関係学部国際シンポジウム)(大東文化大学国際関係学部)
3. 2008/09/17 「根圏」のメタファーによる家族機能の再考-ケアの観点から-(第2回東アジア三大学国際シンポジウム(東アジアにおける「家」-伝統文化と現代社会-))
4. 1998/09/19 'What is to be done' in Asia: Japan's perceptions of its own role in Asia.(The 3rd Pan-European International Relations Conference and joint meeting with the International Studies Association )
■ 講師・講演等
1. 1996/05 高校教育と大学の間(埼玉県杉戸町)
2. 2000/10 インドネシアの民族紛争-東ティモールとアチェをめぐって-(東京)
3. 2001/06 スカルノ-ロマンティシズムの政治家-(埼玉県東松山市)
4. 2003/07 道理をよみがえらせるために(栃木県黒磯市)
5. 2005/06 国際関係学とはなにか(茨城県水戸市)
全件表示(26件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/02~ 平成18年度文部科学省特色ある大学教育支援事業「大豆のアジア学」(鳩山町との地域連携による授業)
2. 2007/04~ BRDの実践
3. 2008/04~ 授業内容の公開と予習・復習の促進
4. 2009/04~ 教育内容・方法の工夫
5. 2014/04~2014/07 PBLの実践(地域文化の探求)
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(63件)
■ R&R研究者コード
  1000181320


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.