English >> TOPページ   


  コイズミ コウイチ
  小泉 康一   国際関係学部 国際文化学科(アジア地域研究科 アジア地域研究)   教授
■ 現在の専門分野
  国際関係論, 地理学 (キーワード:難民) 
■ 主要学科目
難民・強制移動民研究
■ 学歴
1. 1969/04~1973/03 東京外国語大学 外国語学部卒業 文学士
2. 1973/04~1973/09 東京外国語大学大学院 外国語学研究科〔修士課程〕
3. 1973/09~1975/09 東京外国語大学大学院 外国語学研究科〔修士課程〕休学
4. 1975/09~1977/03 東京外国語大学大学院 外国語学研究科〔修士課程〕修了 文学修士
■ 職歴
1. 1979/06~1981/06 国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)タイ駐在事務所プログラム・オフィサー(南部タイ・ソンクラ難民キャンプ担当) プログラム・オフィサー(ソンクラ難民キャンプ担当)
■ 委員会・協会等
1. 1994/04~2001/03 難民問題研究フォーラム 委員
■ 所属学会
1. 1991/04~ 国際強制移動研究学会(The International Association for the Study of Forced Migration, Oxford, UK)
2. 1992~ 日本国際政治学会
3. 1992/01~ 日本国際開発学会
4. 1998/01~2000/01 ∟ 「開発と文化」分科会主査
5. 1992/01~ 日本平和学会
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2012/09~2012/09 第4回第三国定住に関する有識者会議ヒアリング(内閣府本府)
■ 著書・論文等
1. 著書  グローバル・イシュー: 都市難民  (単著)  2017/01
2. 著書  多文化「共創」社会入門: 移民・難民とともに暮らし、互いに学ぶ社会へ  (共著)  2016/10
3. 著書  グローバル時代の難民  (単著)  2015/10
4. 著書  Urban Refugees: Challenges in Protection, Services and Policy, Edited by Koichi Koizumi and Gerhard Hoffstaedter  (共著)  2015/04
5. 著書  国際強制移動とグローバル・ガバナンス  (単著)  2013/12
全件表示(25件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2002/10/12 (学会発表)慢性的な政治的不安定状況における帰還民の再統合と〈救援-開発〉論(国際開発学会「開発と文化」研究部会(於 東京国際フォーラム会議室))
2. 1999/07/17 「難民」とは何か?-構造的・世界的・多面的な人の国際移動の中で-(三重県人権センター)
3. 1998/05/29 (学会発表)「人の国際移動」の現状と理論-難民のケース-(国際開発学会「開発と文化」分科会)
4. 1996/03/27 (学会発表)難民の保護と社会的受入れ(比較法史学会第六回研究大会)
5. 1994/11/19 (学会発表)難民問題の変貌と難民研究の役割(日本平和学会1994年度秋季研究大会)
全件表示(6件)
■ 講師・講演等
1. 1997/01 (学会発表)今後の難民研究の方向とポイント(明治大学研究棟)(於明治大学研究棟)
2. 2007/02 英国における条約難民及び庇護申請者等に対する支援状況の調査報告会(於:国連大学エリザベス・ローズ ホール)
3. 2008/05 スペインにおける条約難民及び庇護申請者等に対する支援状況の調査報告会(於:JICA地球広場)
4. 2008/08 日本におけるインドシナ難民の定住に関わるシンポジウム(於:国連大学エリザベス・ローズ ホール)(於国連大学)
5. 2009/12 日本におけるインドシナ難民の定住に関する研究セミナー(於:国連大学エリザベス・ローズホール)(於国連大学)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2004/04~2015/11 単語マラソン
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1984/10~1986/09  アジア・アフリカ発展途上諸国における大量難民の定住プログラムの立案強化のための研究  個人研究  (キーワード:難民、定住計画)
2. 1986/10~1989/09  第三国定住後のインドシナ難民の実態動向に関する調査研究  個人研究  (キーワード:難民、第三国定住)
3. 1999/11~2001/10  紛争下の難民・避難民帰還と復興開発援助の役割  個人研究  (キーワード:難民、帰還、復興開発)
4. 2006/04~2009/03  国際人道秩序の危機の時代における難民定住基準の国際比較に関する学際的研究  基盤研究(B) 海外学術調査  (キーワード:難民、定住、難民政策)
5. 2010/04~2013/03  都市難民の基本的ニーズの解明と国際比較研究  基盤研究(A)海外学術調査  (キーワード:都市難民、難民庇護申請者、難民・国内避難民)
■ 在外研究歴
1. 1990/04~1991/03 英オックスフォード大学難民研究所 Visiting Research Fellow
2. 2000/04/01~2001/03/31 スイス・ジュネーブ大学国際関係高等研究所 長期海外研究員、「難民援助と開発」の研究調査
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.