シノダ タカシ
  篠田 隆   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  『発展途上国の都市住民組織-その社会開発における役割-』
■ 概要
  「インドのスラム開発戦略と住民組織:アムダーヴァード市の事例」(266 ページ中 153~191 ページ)インドのスラム開発戦略の変遷を跡づけたうえで、開発とスラムの住民組織との関わりを、アムダーヴァード市を事例として分析した。(幡谷則子編)幡谷則子、大塚健司、沢田ゆかり、橋谷弘、松薗祐子、篠田隆、松田素二の7名が執筆。
  共著   アジア経済研究所      1999/01


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.