シノダ タカシ
  篠田 隆   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  『アジアの灌漑制度:水利用の効率化に向けて』
■ 概要
  「ネパール:タライ(平原部)の開発と水利組合」( 468ページ中251~ 296ページ)ネパール・タライに位置する一水利組合の事例研究。政府の奨励によるタライ開発のなかで、同組合の主導権は先住民タールーから移民に移行した。これが同組合の運営に及ぼした影響を検討した。(堀井健三・篠田 隆・多田博一編)内田知行、桜井浩、梅原弘光、堀井健三、吉松久美子、高橋昭雄、藤田幸一、篠田隆、南埜猛、多田博一、黒崎卓、原隆一、長沢栄治の13名で執筆。
  共著   新評論      1996/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.